万葉まつりの主なイベント


万葉のふるさと桜井に想いをこめ地場産品紹介
地域の企業や個人の出店・伝統工芸の展示販売などで毎年大盛況。
ここでしか味わえない手づくりのお店、イキのいいお店を募集します。
今年も食器デボジット制(貸出・返却)を行います。
皆様のご協力をお願いいたします。


さて、「現代版・海柘榴市」が誕生した
当初の想いをちょっと振り返ってみましょう。

まつりの会場が金屋河川敷へと変わった2000年。
すでにバブル経済も崩壊し日本経済は低迷期に入っていました。
この数十年における日本経済の変貌(流通の変化、価格破壊、ITの進歩など)は、
私たち一個人にとっては生活が便利になる反面、
地場産業の低迷・大店舗の進出などによって地域経済の構造も大きく変わり
地元の商店主・事業主にとっては過酷な状況へと変化しました。
そんな地域の皆さんに「独自性ある商品の発表」や「商品リサーチ」に取り組み、
チャレンジする場を作りたい一心から、
この「現代版・海石榴市」というコンセプトが生まれました。

そう。「海石榴市」のキーワードは、「チャレンジ」と「独自性」です。

まつりという出来事と「現代版・海石榴市」を通して地域の産業に関わる多くの人が、
あふれんばかりの熱い想いを伝えられる場になることを願っています。
このまつりを経済活動のアクションの場
そしてトライアルの場として活用しながら、一緒にまつりを楽しみませんか。


Copyright(c) 2011 yamato sakurai manyomaturi All Rights Reserved.